2016/07/16
2015/07/29

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

そうだ、ノルウェーに行こう!

category - お子様と楽しむ
2016/ 07/ 16
                 
ただ今、夏休みの真っ最中です。7月頭に1週間ほどノルウェーに行ってきました。

当初はデンマークかアイスランドにしようと話し合っていたんですが、なにせ、言うだけで計画を全く立てていなかったし、突然ノルウェーのあのフィヨルドと氷河が見たくなったので、仕事納めの次の日にオスロでのホテルを一泊予約しただけで、完全無計画で旅立ったのでした。ノルウェー人の同僚はホテルなんて予約しなくても全然オッケーと言っていたので、その言葉を信じて。。。



グーグルマップで見たところストックホルムから陸路で500km強、車で6時間未満とあったのでまずはオスロを目指し、そこで一泊。事前にノルウェー人の友人や同僚に氷河や綺麗な山の景色はどこで見れるかと情報を仕入れておいたんですが、オスロに着いてその先1週間の天気予報を見てみたら、目的地ではもれなくずっと雨だったので、急遽目的地を変更。そこで、次のホテルも予約。

夏なのにまだらに雪景色 
オスロから次の目的地ローゼンダールへ。ノルウェー横断した時の景色。夏なのに雪ですよ〜。まだらだけど。

いたるところにこんな滝が  
こんなちょろっとした滝がいたるところに。


道端に突然双子の滝!  
幹線道路の脇に双子の豪快な滝が突如現る。売店や駐車場もあったので停まってみた。ノルウェーはこのようなビューポイントを心得ているようで、ここぞと思った景色のところには大抵車を停められるスペースが見つかる。

またまた、道の脇に豪快な滝  
またまた豪快な滝に遭遇。御多分に洩れず停車してみる。

ホテルの庭から見たフィヨルドの景色  
次の宿泊地ローゼンダールのフィヨルドホテルの庭からの景色。ここでは2泊。400Krケチったのでうちらの部屋はこの反対側(爆)。このホテルはレセプションでの対応も親切で、ちょっと世間話なんかもして、感じの良いホテルでした。ただ、ディナーが大人2人子供1人飲み物込みで1200NOK(≒¥16000)とかなりお高めに付きました。翌日、近所のレストランを試してみたけどそこは最悪。サービス激ノロ、不衛生(夫は後に腹下し)、そして、お値段そのまま。スウェーデンならどんな田舎町にも必ずあるグリルもピザ店も無し。というわけで質もそこそこでリーズナブルなお食事どころを見つけるのが困難でした。

氷河 
ローゼンダールを拠点に訪れた待望の氷河!
中央上部に見える逆三角形とその下にちょろっと伸びる白いものが氷河ですよ。ここはフォルゲフォンナ国立自然公園の中にあるボンドフスヴァトネットと呼ばれる地帯です。ここまではハイキングスポットで、入り口から1時間ほど。5歳児の足でもなんとかなりました。もっと上級者には本格的トレッキングコースもあります。

そして、この後は南下してスタヴァンゲルか北上してベルゲンへ行くか直前まで決めかねていたんですが結局ベルゲンに決定!ベルゲン滞在中のホテルはローゼンダールから予約。予め計画を立てておかない利点は行き先変更に柔軟に対応できること。

ザ フィヨルド 
ローゼンダールからベルゲンまでの道のりで、これぞフィヨルド!

ベルゲン  
ノルウェー第2の都市ベルゲン。
ベルゲンのメインビュー。これはやっぱりおさえとかないとね。ここで遊覧船に乗り、ベルゲンの歴史と地理のお勉強。そして、夕食は魚市場兼レストランで海の幸を堪能。しかし、山と湾に囲まれて、だんだん平地が恋しくなってきた頃でもありました。

ベルゲンの港の見える部屋 
ベルゲンのファーストホテル マリン。ローゼンダールでは部屋代をケチってちょっと景色が残念だったので、ここは少し奮発して港のビュー付きの部屋をおさえました。景色は良かったんだけど、ホテルマンの対応が事務的で余り好感持てず。

IMG_2609-2.jpg
ベルゲンからオスロへの道のり。いつの間にか標高1245m。ほんの数百mほどの標高差で植生がまったく違う!ここまでくると木がまったくなく、草と岩肌が目立つ。この高地の景色は日本の秋吉台を思い出させるな。こんな何もない所にも個人所有の小屋が散見され、さらには公衆トイレまで。公衆トイレはぼっとんだけど、以外と綺麗で、紙まできちんと装備。うれしいね。

そして、オスロへと向かう。ホテルは慣行通りに前日に予約。前回はオスロ駅の側だったので今回は、王宮のある反対側のボンデヘイメンホテルへ。今まで無駄遣いしすぎてきたので、ここはリーズナブルな部屋を取ることに。このホテルの宿泊客に限り隣のカフェが20%引きと嬉しい特典付き。リーズナブルなお値段なだけあって窓の景色は超残念だったけど、朝食込み、大人2人子供1人で、1200 NOK! 今までのホテルが一泊1800から2300 NOKかかっていたので安く感じました。

せっかくオスロに来たのにどこも見ていなかったので、最終日の朝食後に夫と息子を王宮までのお散歩に連れ出し、チェックアウト後は、興味がないと渋る夫を丸め込んで、ムンク美術館へ。せっかくオスロまで来たんだから、何かオスロでしか見れないものを見ておかないとね。以前『ムンクの叫び』と『マドンナ』が窃盗団に盗まれたということで(後に裏ルートで返却)入館前の荷物・身体チェックから展示場の警備までかなり厳重でしたね。

叫ぶ人 
息子にねだられて買った『ムンクの叫び』のぬり絵バッグ(ペン付き)。息子が塗ったのはほぼ人の部分だけで、残りは結局私がすることに。でも、家でも叫ぶ人の真似などしているので、彼の心に焼き付いた最初の名作となった模様。


スウェーデンからノルウェーを車で旅するときには、グーグルマップで表示される時間よりかなり多めに見ておいたほうがいいでしょう。500kmも移動するとなると、子連れなら特に休憩は必要だし、5時間40分の予定の所7時間はかかりました。さらに、ノルウェー国内では道は山道でうねうね曲がっている上にアップダウンが激しく、さらに、速度制限がいたるところにあるので、思ったほど速く進めません。速度監視カメラが2地点間の距離の平均速度を割り出して違反者には罰金を科すようなので、カメラの前だけ減速という技も通用しないようです。ご注意を。

無計画で敢行したノルウェーのドライブの旅は、ノルウェーの壮大な自然に癒されて、マイナスイオンをたっぷり浴びて無事終了しました。夏の休暇はまだつづく。。。







                         
                                  
        

2年ぶりの転職、不本意ながら

category - 未分類
2016/ 05/ 23
                 
早いなあ、今年ももうすぐ半分過ぎようとしてる。

実はこの間に、血液内科を辞めて転職してました。偶然にも血液内科の初勤務日と辞めた日の日付が2年違いで全く同日でした。血液内科は面白くて、気の合う同僚に囲まれすごく居心地が良かったんですが、ある日ふと「給料安くね?」と気付かされ、秘密裏に転職先を探していたら、どこからか上司にバレ、その上司には「上にいくら給料上げられるか聞いてみるから、断りなしにオファー受けちゃだめよ!」と念まで押されてました。でも、病棟の労働環境も悪化の一途をまっしぐらだったので、結局不本意ながら転職する結果となってしまいました。このまま続けていたら不整脈になりそうだったし(実際に救急に駆け込んだことアリ、異常なかったけど)、ストレスと疲労がハンパじゃなかったからねぇ。。。それに、今春の賃上げ交渉は先送りらしいし、私は一抜けして正解だった。

辞めた後は気分転換に、2週間ほど日本に家族みんなで里帰りなぞして心身ともにリセットしてきました。去年の夏の日本なハンパなく暑かったので、3月に行ったんですが、今回は反対にまだ寒かったよ〜。人見知りを全くしないうちの5歳未満児の息子の日本語もこんな短期間なのにさらに上達し、レストランでウェイトレスさんに「すみませ〜ん」と自分から声をかけて水のお代わりもらってたりしてました。すごいね、子供の吸収力は。

で、新しい職場は2年前に見切りをつけたあのガストロです。どういうわけか戻ってきてしまいました。でも、前と同じ病棟だと出戻りになってしまうのが嫌だったので、ここは心機一転、ちょっと上のレベルを目指そうということで、中間看護病棟 Intermediate Care Ward (Intermediärvård)で働き始めました。これは、平たく言うと、集中治療室と一般病棟の中間レベルの患者さんが通過していく病棟です。仕事内容も血液内科から上腹部外科に移行したので、まだちょっと前の部署の感覚が抜けきらないんですが、ストレスレベルが前の職場の3分の1ほどなので、それだけでも職場変えてよかった。
                         
                                  
        

学校の先生になってみた

category - 未分類
2015/ 12/ 15
                 
しばらくご無沙汰しておりましたが、家庭円満、仕事順調、私はいたって元気です。

今日は息子の通う保育園併設の学校から、学期末の特別選択科目の日本語の一日先生をしてくれないかとの依頼があったので、生まれて初めて学校の教壇に立ちました。

集まったのは小学生から中学生まで6歳から15歳の26人。子供達の間で日本はなぜか人気で日本語開催の要望が多かったらしいのですが、今回は"身近なところに日本人がおるやんか"ということで、わたしがお手伝いすることとなりました。笑うと前歯が抜けてスッカスカの6歳児から半分大人の15歳まで同じクラスでというのは、難しい状況でしたが、休憩入れて2時間何とか持ちましたよ。

ストックホルムで日本人であるということは、私の経験上プラスなことが断然多いです。仕事上でも、患者さんと話をしていると、仕事や観光で日本に行ったことがある、住んでたことがある、友達がいる、配偶者が日本人、日本に興味があるなど何かしら接点を見出して話をつなげてくれたりして、日本というと好意的に接してくれる人が多いです。日本の経済下り坂ですが、偉大な先人達のおかげで日本は未だに高評価だと感じます。

何はともあれ、子供達が日本に興味を持ってくれるのは嬉しいですね。出来ることなら小さなことでも協力できればなと思います。

                         
                                  
        

4歳児の初日本、日本語奮闘記

category - 語学考察
2015/ 07/ 29
                 
今回3週間日本に滞在している間最初の5日ほど、うちの4歳児は幼稚園に通っておりました。スウェーデンにいる時はわたしの話す日本語しか聴く機会がなく、私の言っていることは分かっている様なものの、自分から日本語を発信することがあまりありませんでした。幼稚園の先生によると園生活も特に問題もなく、楽しくやっている様だとのことでした。息子自身も「幼稚園楽しい」と言ってたし。けど、その時はまだ日本語は出てきて無い様でした。

幼稚園の他にも、私の友人たちやその子供とも遊んだり、ジジババとは日本語でしかコミュニケーションが取れないので、日本語に触れる機会はばっちりだったと思います。そして、日本帰国まで残す所1週間ほどとなった頃、多少フィンランド語的発想の構文やなまりがあるものの、突然日本語で話す様になりました。しかも、夫にはフィンランド語、そして、ジジババや私には日本語と使い分けもしてました。

スウェーデンに戻ってきてからも、日本語の余韻が強く残っている様で、レストランでは席を決める時「こっちにしよう!」とか、iPadのゲームを中断してトイレに行く時に「これ触っちゃダメ。さわったら痛いよ。iPad僕の仕事。」と警告まで発する始末で、こっちがびっくりです。私が教えた記憶のない言葉まで周りから拾ってきていたみたいです。夫によると、日本でジジババが何を言っているか分からない時に息子が日本語からフィンランド語に通訳していたそうで、さらに驚きです。

子供って吸収力がすごいな。このまま3ヶ月も日本にいたらペラペラになるんじゃないかな。まったく、うらやましい。これから日本語をどう伸ばしていくのがいいのかな。難しい課題です。

                         
                                  
        

6年半ぶりの日本

category - Off
2015/ 07/ 29
                 
只今夏の休暇中です。つい先日、3週間の日本滞在を終えスウェーデンの我が家へ帰ってきました。しかし、日本は暑かったです。35度になる日もざらで、ストックホルムの17度の倍ですわ。暑さにめげておりましたが、なんとか日本滞在を満喫してきました。

今回はなんと6年半ぶりの日本でした。息子にとっては日本初上陸。「どうせ赤ちゃんのうちは日本に行ったって覚えてないさ」ということで大きくなるまで待っていたら、こんなにブランクがあいてしまいました。今回の里帰りの目的は、爺婆と会う、息子の日本語強化、グルメ堪能、日本の友達と会う、日本のお惣菜・お菓子・化粧品買いだめと実利が主体でした。。ほんとだったら日本半周くらいしたかったんですが、滞在中なんども台風接近の脅威にさらされ、なおかつ4歳児を連れての旅は想像しただけで過酷だったので、即断念となりました。でも、1年か2年に1度しか会えない爺婆と孫の濃密な時間が取れたので良しとしましょう。

3週間の日本滞在中に、大学時代の良き友人たち約10人とお食事処で6年半ぶりの再会を果たし、超社交的なうちの息子は男女構わず皆んなに愛想を振りまきハグしてチューして、とても可愛がっていただきました。このあとは4歳にしてカラオケデビューしたしね。みんなありがとう!

そして、うちの息子と同じ年頃の娘っこ達がいるこの大学時代の友人達のひとりが、千葉ニュータウンにあるキッズパークに遊びに誘ってくれました。子供達はお食事会の時は照れていたけど、今回はみんなで仲良く駆け回っていました。もう少し大きくなってもこの日のことを覚えてるかな。

そして、もう一つの楽しみといえば、日本のグルメでしょう。ガストのフォアグラハンバーグから始まり、KFCのレッドチキン、浅草の大黒屋の天丼、スタバでカフェ(Tokyoマグとタンブラーが新たにコレクションに仲間入り)、焼肉、長崎ちゃんぽん、豚骨ラーメン+餃子、成田ビューホテルでのひつまぶし、そして、母の手料理と結構食べていた割には、暑さで絞られたせいか2キロ体重が落ちてました。スウェーデンには無いからラーメン餃子にでさえ感動でした。日本の外食はいいな。


飲み会
上野のアトレのお食事どころ「まいか」の照り焼きチキンエリンギのせ。大学時代の友人達と久びさのお食事会にて。


ふぉあぐらハンバーグ
つい宣伝に乗せられてガストのフォアグラハンバーグが食べたくなってしまったの図。

IMG_4097.jpg
日本に戻ってきたら浅草は必須。私の故郷でもあります。今回は大黒屋で天丼を。

ひつまぶし
念願のうなぎ。成田ビューホテルの日本レストラン歌留多にて。最初はそのまま、次に薬味を添えて、最後に出汁をかけてと3通りの味が楽しめるひつまぶし。和食はすき焼きやてんぷらだけでは無いのだ。うちの夫はご飯に出汁の味に目覚めてしまった。
                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。