スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の城を買う

Stockholm
01 /23 2012
先週はアパートを買ったり、フィンランドへ行ったりと目まぐるしく過ぎてゆきました。

アパートに関しては今の所は最寄りの駅まで徒歩15分、冬場は20分かかる上に(バスも通ってるけどピーク時は劇混みで乗車できないことも無きにしもあらず)、仕事で夜遅く疲れた時に長い心臓破りの上り坂にもう耐えられん!と言うことやもっと良いエリアに移りたいという希望等を理由に数年前から Hemnet をぼちぼち覗いて妄想だけしていました。

しかし、なぜか年明けて急に内覧会なぞに参加する様になって、とある物件を見学に行ったら、夫も気に入ってしまい、あれよあれよと言う間に銀行の住宅ローンの融資にゴーサインもらって、競売で勝ってしまい、内覧会から3日後には契約書にサインしてました。今度は駅まで徒歩3分なのに閑静な住宅街なので大満足です。ちょっと前まで Hemnet に載っていたのにもう自分たちのものになったとは不思議な気分。実感としては、物事って進む時には進むものなんだなと。

そして、スウェーデンでは住宅ローンって以外と簡単に組めるんだなというのも別の感想。うちのキーバンクの場合はネットで住宅ローン申し込みを申請して電話で銀行とやり取りした後、Lånelöfteという融資の確約を取って、めぼしい物件を見つけたら銀行の担当者に電話でその物件のことを報告して、銀行側がこの物件に対してOKを出したら買って良しという流れで、融資の担当者とは電話で話すだけで一度も会うことはありませんでした。もちろん、銀行側は依頼者の定職(定期収入)の有無やクレジットヒストリー、物件の管理会社の経済状態なども調査してますが、ネットと電話だけで住宅ローンが組めるのは驚きでした。

アパート内部は今時のÖppen planlösningでキッチンとダイニングとリビングに仕切りがなくて広々と開放的、寝室は中庭に面していて静かなのがグーです。少しずつリフォームしながら自分達の生活空間を作り上げて行くのがすごい楽しみ♡

我が家の引っ越し推進係は私だったので、物件探しから銀行への融資の相談、不動産会社とのやり取りなど私が担当しているんですが、色々いい勉強になりました。

コメント

非公開コメント

Vårrulle

リトアニア留学後、紆余曲折を経てストックホルムへ。在欧17年目。2009年度カロリンスカ大学卒業。以来現在に至るまでカロリンスカ大学病院勤務の看護師やってます。家族は雰人夫と息子くん。趣味は旅行。フィットネス命。語学の虫(英語、瑞語いけまっせ。露語と中国語に浮気しつつ、雰語万年学習中。リトアニア語と仏語は忘却リスト入り)。

当Blog内の文章及び写真の無断転載はお断りです。
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村
AX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。