スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

After twists and turns - 人生紆余曲折

旅行
09 /05 2010
Sacre-Coeur.jpg
モンマルトルのサクレクール寺院。今回初めて内部を見学。

実はとっくにストックホルムに戻って来て普通に仕事の日々が始まっているのですが、取りあえず今回のパリ旅行の締めくくりをしたいと思います。

今回のパリではモンマルトル地区に宿をとったのですが、ネットで航空券とホテルだけを取るにあたり、過去の経験から特にフランス人は無礼で自我が強烈という偏見があったので、より良い思い出を作るためにホテルだけははずしちゃいかんと、旅行者によるホテルの口コミサイトで従業員の評判がよろしいところを第一に探しました。すると、モンマルトル地区のとあるホテルがお値段もそこそこで中々評判がよかったので、まよわずそこに予約を入れました。

モンマルトルの丘と言えば絵描きさんが多くて、有名なサクレクール寺院のある所としてイメージが良いかと思いますが、じつはこのモンマルトル、パリのいわゆる赤線地帯と隣り合わせなんですね。よってホテルに到着してびっくり。周りがそう言うお店ばかりでした(自爆)。でも、こんな夜にぎやかな街でも実は意外と安全で危ない目にあう事はありませんでした。

今回の旅での一番の収穫はフランス人への偏見がふっとんだことといえるかもしれません。タクシーの運転手さん、カフェのウェイトレスさん、スーパーのおにいさん、そして道にまよった私たちに自ら声をかけて教えてくれた通りすがりのおじさん、皆親切でした。フランス人って英語で話しかけられると英語がわかっても仏語で返すと言われているけど、分かる人は英語で答えてくれたし、分からない人は仏語で一生懸命伝えてくれてました。

まあ、スウェーデン人に比べるとフランス人は一般的に英語が上手くないと思うんですが、わざと意地悪で仏語しか使わない人には会わなかったな。実はスウェーデンに居着く事になったのも元を正せばこのフランスが元凶で、日本の学生時代の卒業旅行でフランスに来ていなかったら私は今スウェーデンには住んでいないでしょう。小さな出来事で人生って後々大きく変わるんだな。ああ、人生紆余曲折。


four pics
今回のパリのハイライト。左上から時計回りに、サクレクール寺院遠景、あの有名なムーランルージュ(宿はここから徒歩10分位だった。次回は盛装して中に入ってみようと思う)、セーヌ川に架かる橋から臨むノートルダム、そして、映画の舞台にもなったポン・ヌフ橋、日本風に訳すと新橋だけど実はセーヌ川に架かる橋で一番古いらしい。


Grand Arche
近代的なパリも見ておこうという事で訪れた新凱旋門。登りたかったのに肝心のエレベーターが故障中で今回は断念。この新凱旋門の側には大きなショッピングモールもあり、ここで私の大好きなWilliam ShellerのライブCDを購入。フランス外だと中々手に入らないのよ。

ストックホルムに戻って来てからもしばらくはパリ気分が抜けず、ICAスーパーでプロバンス風サラダミックスを買って家で作ったクロックマダムに添えたり、バゲットを買ってオニオンスープと食べたりしてました。何となくパリが恋しい。

コメント

非公開コメント

リンクありがとうございます。

早速のリンク、ありがとうございます。

「パリ旅行、うらやましいです!
今度、是非卒業旅行とスウェーデンの関係を教えてください!

老眼気味の眼には、本文のフォントの色が厳しいので、できれば。優しい色にしていただけると助かります、、、。

No title

人生一期一会ですよね。
私も椰子のみが流れるようにスウェーデンへ来たクチです。
あの時・・・じゃなかったら?という偶然がすべて重なっています。人生面白いですね。

私もフランスからスウェーデンのつながりちょっと興味津々です。

drpionさん、 

ご希望にそうかわかりませんが、一応テンプレート変えてみました。これなら見やすいですかね?久しぶりのパリではリフレッシュできました。パリとスウェーデンの関係は今度ゆっくり。

ぶくさん、

ある程度生きてくるとほんの小さなきっかけが大きく人生変えてるなと感じますよね。

ぶくさんはどうやってスウェーデンへ流れ着いたんですか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます!とてもみやすくなりました!
先日は、よろよろ歩いていたところを見つかってしまいましたね。お恥ずかしい。でも、ひとたびオペ室に入ると別人です(笑)!

drpionさん、 

書いてるときは白地に黒なので実際にアップして見やすいかどうかあまり考えた事がありませんでした。ご指摘ありがとうございます。

朝早くからオペ三昧だと室外では脱力したくなるのも分かるきがします。オペの最中もよろよろしてるなどとは思っていませんので大丈夫ですよ。

Vårrulle

リトアニア留学後、紆余曲折を経てストックホルムへ。在欧17年目。2009年度カロリンスカ大学卒業。以来現在に至るまでカロリンスカ大学病院勤務の看護師やってます。家族は雰人夫と息子くん。趣味は旅行。フィットネス命。語学の虫(英語、瑞語いけまっせ。露語と中国語に浮気しつつ、雰語万年学習中。リトアニア語と仏語は忘却リスト入り)。

当Blog内の文章及び写真の無断転載はお断りです。
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村
AX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。