2016年05月

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

2年ぶりの転職、不本意ながら

category - 未分類
2016/ 05/ 23
                 
早いなあ、今年ももうすぐ半分過ぎようとしてる。

実はこの間に、血液内科を辞めて転職してました。偶然にも血液内科の初勤務日と辞めた日の日付が2年違いで全く同日でした。血液内科は面白くて、気の合う同僚に囲まれすごく居心地が良かったんですが、ある日ふと「給料安くね?」と気付かされ、秘密裏に転職先を探していたら、どこからか上司にバレ、その上司には「上にいくら給料上げられるか聞いてみるから、断りなしにオファー受けちゃだめよ!」と念まで押されてました。でも、病棟の労働環境も悪化の一途をまっしぐらだったので、結局不本意ながら転職する結果となってしまいました。このまま続けていたら不整脈になりそうだったし(実際に救急に駆け込んだことアリ、異常なかったけど)、ストレスと疲労がハンパじゃなかったからねぇ。。。それに、今春の賃上げ交渉は先送りらしいし、私は一抜けして正解だった。

辞めた後は気分転換に、2週間ほど日本に家族みんなで里帰りなぞして心身ともにリセットしてきました。去年の夏の日本なハンパなく暑かったので、3月に行ったんですが、今回は反対にまだ寒かったよ〜。人見知りを全くしないうちの5歳未満児の息子の日本語もこんな短期間なのにさらに上達し、レストランでウェイトレスさんに「すみませ〜ん」と自分から声をかけて水のお代わりもらってたりしてました。すごいね、子供の吸収力は。

で、新しい職場は2年前に見切りをつけたあのガストロです。どういうわけか戻ってきてしまいました。でも、前と同じ病棟だと出戻りになってしまうのが嫌だったので、ここは心機一転、ちょっと上のレベルを目指そうということで、中間看護病棟 Intermediate Care Ward (Intermediärvård)で働き始めました。これは、平たく言うと、集中治療室と一般病棟の中間レベルの患者さんが通過していく病棟です。仕事内容も血液内科から上腹部外科に移行したので、まだちょっと前の部署の感覚が抜けきらないんですが、ストレスレベルが前の職場の3分の1ほどなので、それだけでも職場変えてよかった。
            
スポンサーサイト
            
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。