リトアニアで攻めるランチ@home

Food
02 /27 2015
先月地元の友人Mちゃんのお宅で突然成り行きで手作り和食ランチ(手作り鶏の唐揚げ、自家製納豆、生姜焼き等々)を御馳走になったので、今日は私がお返しにランチを御馳走することになりました。和食ではMちゃんには敵わないので、ここは彼女にとっては未知のリトアニア料理で攻めて見ることにしました。

リトアニア料理と言ったらオーソドックスなのはやっぱりじゃがいも料理でしょう。今回は擦りおろしじゃがいもにみじん切り玉葱をを加えて塩こしょうし、フライパンで焼いただけのじゃがいもパンケーキ、そして、初挑戦の擦りおろしたじゃがいものネタにカッテージチーズを挟んでオーブン焼きしたじゃがいもケーキ、そして、ペリメニ水餃子(これはICAで買った既製品、しかもロシア風。でも、リトアニアにもあるから一緒に陳列)。じゃがいもは機械で擦った方が断然早いんだけど、手で擦った方が絶対に美味しいんだよね、なぜだろう?

ヨーロッパ各地にこのじゃがいもパンケーキはあるようで、スウェーデンにも Raggmunkとよばれるじゃがいもパンケーキがあるんですが、リトアニアものの様なもちもち感がなく、どうもイマイチ。また、リトアニアものはキノコソースを付けたり、カッテージチーズや肉を挟んだりという応用の幅がはんぱじゃなく、同じものでもどちらが美味しいかと聞かれたら絶対リトアニアです。これにサワークリームを付けて食べるとリトアニア風 (リンゴンじゃムを添えたらスウェーデン風)。スメタナも良く合いますよ。

今回は、じゃがいも系料理は大変良く出来ました。Mちゃんもおいしいって言ってもりもり食べてくれたし。今日のランチにスウェーデン在住の日本人でリトアニア料理を食べたのは私たちだけでしょう(笑)。リトアニア料理のレパートリーはもうちょっとあるので、まだまだ作りまっせ。


Lithuanian lunch
ランチの模様。テーブルの中央右端から、クラシックなじゃがいもパンケーキ (Blviniai blynai)、じゃがいもケーキカッテッジチーズはさみ (Bulvių plokštainis su varške)、そして、ロシア風水餃子ペリメニ (リトアニアではKoldūnai)。これらを食するときはサワークリームをお忘れなく!
スポンサーサイト

Vårrulle

リトアニア留学後、紆余曲折を経てストックホルムへ。在欧17年目。2009年度カロリンスカ大学卒業。以来現在に至るまでカロリンスカ大学病院勤務の看護師やってます。家族は雰人夫と息子くん。趣味は旅行。フィットネス命。語学の虫(英語、瑞語いけまっせ。露語と中国語に浮気しつつ、雰語万年学習中。リトアニア語と仏語は忘却リスト入り)。

当Blog内の文章及び写真の無断転載はお断りです。
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村
AX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。