Matvanor - スウェ食の方が太るわけ

健康志向
09 /29 2010
スウェーデンでの自分の食生活を見直してみると、日本で実家暮らしをしていたときと比べて明らかに不健康だと実感します。でも、たまに里帰りで3週間日本に帰ると、3食きちんと食べているのに数kg落ちます。

この理由は、まず第一にスウェーデン食は和食に比べて油っこい。市販の肉団子なぞを指でつまんで押してみると分かるけど、じわ~っと油がにじみ出てくるのがみえます。こんなの10個をマッシュドポテトなんかに付けて食べたらタンパク質、脂肪、炭水化物だけで栄養バランスも悪いです。これにコケモモジャムをつけたら辛うじて少量のビタミンと繊維質が取れるけどほんの気休め。

学食や社員食堂を見ても日替わりとはいえ、何かの肉料理、魚、ベジ、パイ程度の中から選ぶ事になるので、肉好きだったりすると結構偏りますね。他にも、生クリームたっぷりの煮込みやパスタの誘惑が散在してるし、小さいけど一個300kcalは軽くあるフィーカ時のケーキや菓子パン類も大変危険です。肉と脂肪と炭水化物ばかりの食生活の中でたまに一食だけサラダにしても体重に変化は無いし。

そんな訳でたまに和食にしたい気分になるのですが、実は今日がその日で、朝からご飯を炊いて納豆ご飯にしました。日本から色々お惣菜のもとも送ってもらっているんですが、洋食大好きの私はふだん和食が恋しくなる事があまりないので、お惣菜のもともいつも賞味期限が切れたら慌てて使ってます。

和食の基本であるご飯とお味噌汁だけ見ても余計な脂肪分ないし、同じ麺類でもパスタと違ってうどんもソバもほとんど油分フリー、も煮物も生クリームなんて使わない。だから、3食しっかり食べていても、日本での生活の方が痩せるんだな。

とくに今の自分の生活はシフトのせいで食事時間も回数も不規則、外食も多いし、簡単なレンジでチンものに走る事も頻繁です。こうやって書き出してみると自分の食生活の実態が見えてくるなあ。この辺の改善が健康食生活への入り口なんだろうけど。分かっていても実行するのはまた別の話。
スポンサーサイト

Vårrulle

リトアニア留学後、紆余曲折を経てストックホルムへ。在欧17年目。2009年度カロリンスカ大学卒業。以来現在に至るまでカロリンスカ大学病院勤務の看護師やってます。家族は雰人夫と息子くん。趣味は旅行。フィットネス命。語学の虫(英語、瑞語いけまっせ。露語と中国語に浮気しつつ、雰語万年学習中。リトアニア語と仏語は忘却リスト入り)。

当Blog内の文章及び写真の無断転載はお断りです。
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村
AX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。