2010/06/29

2010年06月

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

Porvoo/Borgå - 2カ国語タウン

category - Finland
2010/ 06/ 29
                 
Borgaring;
ポルボー川から見たポルボー旧市街の端。この景色はよくパンフの表紙にもなるほどポピュラーな写真スポットらしい。

ヘルシンキからタンペレに帰る日に、いつもとは違うところに行ってみようと言うことになり、フィンランドでトゥルクに次いで2番目に古い町ポルボーへ寄ってきました。ポルボーはフィンランド語とスウェーデン語の2カ国語タウンで、旧市街の通りは2カ国語表記だし、スーパーでも2カ国語表示でした。夫が仕事でポルボーに電話をかける時も電話口で夫とはフィンランド語なのに奥で従業員同士はスウェ語で話しているのが聞こえるそうです。因にポルボーのスウェーデン語名はを表すborgとその下を流れるåを合わせてBorgåとなったそう。


porvoon kirkko

ポルボーのシンボルとも言えるドーム教会。1200年代からこの地に教会が立っているそうですが、現存するのは1450年代のもの。長い歴史の中度々破壊されて来たのですが、一番最近は2006年に放火殺人の舞台となって全焼、そして復旧作業を経て2008年から再公開されてます。そう言えば、数年前にフィンランドの古い教会が放火されたと夫から聞いていたんですが、これはこの教会だったんですね。

ポルボーのメインの旧市街は小粒で、インフォメーションセンターにあるガイドブックを参考に名所を回ってもあまり時間はかかりません。石畳なので歩きやすい靴がいいでしょう。旧市街の雰囲気はスウェーデンにもよくあがちな、木造二階建てのベーカリーやお土産屋やカフェなどが石畳の通りの両脇に並ぶ、あえて例えるならシグチュナみたいな感じです。

ポルボーを起った後は道すがら氷河期に形成された巨大穴を見てみようとアスコラの森に立ち寄ったんですが、中々肝心の穴が見つからず、周りに蚊も集まり始めたので結局断念してタンペレへと向かいました。


            
スポンサーサイト
            
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。