Sitter du kvar i luren? - まだ電話口にいますか?

スウェーデン語
05 /31 2009
今週末はずっと仕事です。昨日退院がドカッとあったので、昨日の晩から今日にかけて新規患者7人受け入れでした。週末は職員の数が少ないので倍の患者を一人で受け持たなきゃなりません。だから、その上新規患者受け入れは結構負担です。さらに、今朝危篤だった患者さんが亡くなってさらに大変でした。こんな週末もあるんだなと。

今日は同僚が電話を取り次いでいた時、保留を解いてからから電話の相手に『Sitter du kvar i luren?』と聞いているのが耳に入りました。待たせている電話の相手にまだ電話口に座って待っているのかと聞いているんですが、相手の状況を確認するにはぴったりのスウェーデン語発想的表現だとピピッときました。知らなきゃ、日本語的発想だと『Hallo?(もしもし)』か『Är du fortfarande där?(まだそこにいますか)』という直訳しか出てこないと思います。こんど使わせてもらおうっと。

明日は少し病棟が落ち着いていることを期待してます。
スポンサーサイト

Vårrulle

リトアニア留学後、紆余曲折を経てストックホルムへ。在欧17年目。2009年度カロリンスカ大学卒業。以来現在に至るまでカロリンスカ大学病院勤務の看護師やってます。家族は雰人夫と息子くん。趣味は旅行。フィットネス命。語学の虫(英語、瑞語いけまっせ。露語と中国語に浮気しつつ、雰語万年学習中。リトアニア語と仏語は忘却リスト入り)。

当Blog内の文章及び写真の無断転載はお断りです。
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村
AX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。